高齢で仕事が見つからないときは?

質問

現在60歳を過ぎているのですが、なかなか仕事を探すことが出来ません。
ハローワークでは、高齢の者に対しての何か特別な措置などはあるのでしょうか。
60歳を過ぎて仕事を探す方法などがあれば、教えてください。

答え

60歳以上の高齢者や身体障害者といったような方たちを、就職困難者と呼んでいます。
ハローワークでは、こういった就職困難者に対しての助成を行っているので安心してください。
例えば就職困難者を雇い入れた企業に対して助成金を支給するといったようなことです。
こういった助成金を支給することによって、企業側も雇いやすくなるというわけです。
ハローワークでまずは相談してみることをお勧めします。

高齢者を雇うことに積極的になっている企業などを紹介して頂くことが出来るでしょう。
ハローワークで行っている助成は、60歳以上や身体障害者だけではありません。
ホームレスやネットカフェ難民・母子家庭の母親に対しての助成などもあります。
ハローワークの窓口は曜日や時間帯によってとても混雑する時があります。
ですから、事前に時間帯を確認しておくようにすると、相談もスムーズに進めることが出来るのではないでしょうか。

ハローワークでは、社会経験の少ない者に対してのトライアル雇用などもあります。
雇用に対して積極的に取り組んでいる企業に対しては、様々な助成金が与えられます。
「中小企業緊急雇用安定助成金」や「実習型雇用支援助成金」といったようなものです。
ですが、かなり以前に制定されたものなので、実際に利用するためには手続きも困難となっているようです。
まずはそういった制度も利用しながら、仕事を探してみてはいかがでしょうか。